新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
バスが来ましたよ

バスが来ましたよ

  • 絵本
文: 由美村 嬉々
絵: 松本 春野
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2022年06月29日
ISBN: 9784752010135

出版社のおすすめ年齢:4歳〜
40ページ AB判

関連するスペシャルコンテンツ


視覚障害者の男性を支えた小学生たちの心温まる実話絵本『バスが来ましたよ』<ブランニュープラチナブック>


【結果発表】今読みたい絵本9選 西日本ファミリー読書レビューコンテスト

みどころ

続きを読む

出版社からの紹介

全盲になった男性が、小学生に助けられながら続けた、バス通勤。「バスが来ましたよ」その声はやがて、次々と受け継がれ…。小さなひとこと、小さな手。でも、それは多くの人の心を突き動かした。小さな親切のリレーの物語。

バスが来ましたよ

バスが来ましたよ

バスが来ましたよ

ベストレビュー

優しさのバトン

優しさのバトンを次々と繋いでいく、
そんな小学生たちに感動しました。

以前、主人公の山アさんの紹介をテレビで見て知っていたのですが、絵本になっているとは知りませんでした。

目の病気で視力を失ってしまったが、働き続ける決心をされた山アさん。私だったらどんな決断をしたかな、そんなことを考えながら読んでいました。

ある日、「おはようございます」とかわいらしい声が聞こえてきました。そして、「バスが来ましたよ」とお知らせもまでも。
それから毎日、小さな女の子はお知らせをし続けてくれました。

その女の子の優しさのバトンは、三姉妹の妹たちへ繋がれていきました。そして、それを見ていたお友達へとリレーされていき、10年以上続いたそうです。
自分が小学生の時にこんなことできただろうか、声をかけた小学生の優しさに触れ、うるっとしてしまいました。

私が読みたくて読みましたが、1歳の娘とも一緒に読みました。
話の内容はまだわからないと思いますが、優しいタッチの絵を微笑みながら見ていました。
娘が大きくなったら、また一緒に読もうと思いました。
(yui_ponさん 30代・ママ 女の子1歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,320円
1,430円
1,540円
1,815円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

6,270円
3,080円
1,320円
1,980円

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

バスが来ましたよ

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.8

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら