ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
おいしそうなバレエ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おいしそうなバレエ

  • 絵本
作: ジェイムズ・マーシャル
絵: モーリス・センダック
訳: さくま ゆみこ
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年10月
ISBN: 9784198617561

この作品が含まれるテーマ

おはなし

 ある冬の昼下がり、やせっぽちのぱらぺこオオカミが、ブタの町に迷い込んでしまいます。おいしそうなにおいに誘われてやってきたのはバレエ劇場。看板には「白ブタのみずうみ」の大きな文字。オオカミはさっそく劇場に入り込み、おいしそうなブタたちを食べてやろうとしますが……。

みどころ

 ブタを食べたいオオカミがいつの間にかバレエの世界に引き込まれ、本能にくすぐられながらも舞台鑑賞を楽しむ姿がユーモラスです。中表紙に描かれたオオカミはバレエ関連の専門書を開き、部屋にはバレエの絵が飾られていることから、もともとバレエ好きのオオカミだったのですね。食べたい、でもバレエもおもしろい……と静かに葛藤を繰り返しながらしながら迎える結末は、演劇好きなセンダック&マーシャル・コンビならではの演出です。訳者の丁寧な解説による本作誕生の背景を知れば、興味も倍増のゆかいな作品です。
――(ブラウンあすか)

出版社からの紹介

おもしろい物語+すばらしい絵
絵本界の巨匠センダックが、天国の親友マーシャル(絵本作家)とコラボレーション!

ある日、ブタの町へ迷い込んだはらぺこオオカミ。ブタを食べようと意気込んで、目の前にあった劇場に入ったものの、思いがけず、バレエのとりこになってしまい…? 「国際アンデルセン賞」他、数々の賞に輝く絵本作家センダックが天国の親友マーシャルに捧げた傑作、待望の初邦訳!

ベストレビュー

変わったオオカミ

このお話の主人公は、ぶたを食べようと思ってぶたがやっているバレエを見に行きバレエにはまったオオカミでした。うちの子はオオカミがバレエに飛び入り参加して踊ったりしていたのが面白いって言っていました。なかなかぶたを食べないで、ぶたのやっていることにはまるという展開が無いのでとっても面白かったです。
(イカリサンカクさん 30代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジェイムズ・マーシャルさんのその他の作品

ちょっとのけんかもときにはゆかい / 親友だってひみつはひみつ / カバなふたりはきょうもいっしょ / わにのアーサーおよばれにいく / おにいちゃんってたいへん! / 買いものカートでゆかいなレース

モーリス・センダックさんのその他の作品

そんなときどうする? / バンブルアーディ / そんなときなんていう? / ムーン・ジャンパー / ぼくはきみで きみはぼく / くま! くま! くまだらけ

さくま ゆみこさんのその他の作品

くらやみのなかのゆめ / ウィニー 「プーさん」になったクマ / ノックノック みらいをひらくドア / 白いイルカの浜辺 / みんなからみえないブライアン / 英日CD付 英語絵本 おおきなのはら Over in the MEADOW



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

おいしそうなバレエ

みんなの声(36人)

絵本の評価(4.46

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット