宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
うまかたやまんば
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うまかたやまんば

絵: 赤羽 末吉
再話: おざわ としお
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「うまかたやまんば」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1988年10月1日
ISBN: 9784834008098

読んであげるなら・4才から
自分で読むなら・小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

峠で山姥に追いかけられた馬方は、魚の荷から馬まで、すっかり食べられてしまいます。さて、馬方の仕返しは……。はらはら、どきどきの連続、痛快な昔話絵本です。

ベストレビュー

宮城県の昔話

宮城県に伝わる昔話の再話です。
荷物を運ぶ馬方が、山道でやまんばに出会い、
積み荷の魚や馬まで奪われてしまいます。
やっとのことでやまんばから逃げて
一軒家に隠れていると、そこはやまんばの家だったのです。
かくして、馬方の仕返しが始まります。
横長と縦長の画面を効果的に使い、
スリリングな展開となっています。
語り口も、展開も、昔話の繰り返しのリズムが心地いいです。
小学校のおはなし会で読みました。
馬方、火の神、萱(かや)など、難しい言葉もありましたが、
丁寧な描写で理解してくれていたようです。
何より、心地いい文章を読むだけで、その世界観が伝わってきます。
子どもたちもしっかりと聞き入ってくれました。
(レイラさん 40代・ママ 男の子20歳、男の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


おざわ としおさんのその他の作品

うらしまたろう / 仙人のおしえ / 日本昔ばなし 3 とら猫とおしょうさん / 子どもとよむ日本の昔ばなし29 やまなしとり  / 子どもとよむ日本の昔ばなし26 かっぱのいちもんせん / 子どもとよむ日本の昔ばなし28 かめとからすとはちのおんがえし

赤羽 末吉さんのその他の作品

シカの童女 / 黄金りゅうと天女 / ほうまんの池のカッパ / へそとり ごろべえ / ひょうたんめん / さるとかに



とっておきの場所をとられちゃったククー、さあどうする?!

うまかたやまんば

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット