新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
話題
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • 学べる
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
ヨチヨチ父 とまどう日々

ヨチヨチ父 とまどう日々

作: ヨシタケシンスケ
出版社: 赤ちゃんとママ社

税込価格: ¥990

「ヨチヨチ父 とまどう日々」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2017年04月25日
ISBN: 9784870141261

四六判型/128ページ

関連するスペシャルコンテンツ


新米パパママへ贈る 子育てはツライ!?楽しい!? 本音トーク 座談会


『ヨチヨチ父 とまどう日々』ヨシタケシンスケさんインタビュー


【結果発表】ヨシタケシンスケさんがトホホな新米父を描いた育児マンガ

出版社からの紹介

「赤ママ」人気連載! 待望の書籍化!!

はじめて「父」になった戸惑いを描くヨシタケシンスケ初の育児マンガ

赤ちゃんってサルに見えるよね、
ママっていつもイライラしてるよね、
パパって何か蚊帳の外だよね・・・。
パパになってわかったトホホな真実とは! ?

ヨチヨチ父 とまどう日々

ベストレビュー

いちばん好きで、思い入れのある作品

初めての子どもが生まれた頃、雑誌の連載で初回から読んでいました。
ヨシタケシンスケさんを初めて知り、ファンになった作品でもあります。
なんとなく読んでいたものが、「わかる、わかる!!」と思うエピソードいっぱいで、気付けば毎月の楽しみになっていました。

特に共感したのが、お出かけのときの“メンテナンス用品”。新米パパだった夫に「これ!こんなに大変なんだよ」と見せたことがあります。
「そっかー、そうだよね」と夫も共感し、「これ面白いね」と、それからは2人で読むようになりました。

この作品をおすすめしたいのは、やっぱり新米パパ。育児の大変さも楽しさも、面白く描いてあって子育てに前向きになれると思います。
そしてママたちにも…。「パパってこんなこと考えてるんだー」と、パパの気持ちを少し理解できるような気がします。あと、いつもイライラした表情のママに、自分も反省したり…(笑)。

ずっと「本にならないかなー」と思っていたので、今回の書籍化は本当に嬉しいです。ちょっとした出産祝いに渡しても喜ばれそう。ヨシタケシンスケさんの作品のなかで、いちばん好きな作品です。
(MakoMさん 30代・ママ 男の子4歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,870円
1,430円
990円
1,320円
1,078円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

10,780円
1,650円
440円
1,958円

出版社おすすめ




いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

ヨチヨチ父 とまどう日々

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.79

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら