よるのわがしやさん よるのわがしやさん よるのわがしやさんの試し読みができます!
文: 穂高 順也 絵: 青山 友美  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
和菓子屋の5人(個?)の和菓子たちが、洋菓子屋をていさつに!?
しいら☆さん 50代・その他の方

和菓子と洋菓子の素敵な出逢い!
青野さんの絵だ! 全ページためしよみ…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
スーちゃん おやすみなさい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

スーちゃん おやすみなさい

  • 絵本
作・絵: アリーナ・サーナイテ
訳: おびか ゆうこ
出版社: 東洋館出版社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2018年03月
ISBN: 9784491034188

24ページ

関連するスペシャルコンテンツ


子どもの気持ちに優しく寄り添ってくれるおやすみ絵本

出版社からの紹介

夜はこわくない。暗いのはこわくない。 想像力が増してくる時期に読んであげたい、おやすみ絵本。 一人で暗いところで寝るのが怖いという時期は2歳頃から始まります。 この時期の子どもは想像力が増し妄想と現実の違いがわからなくなります。 まず何が怖いのかを理解してあげましょう。 足元に暖色系の豆電球を使用し、寝る前のテレビや怖い絵本も避けましょう。 暗さに慣れるため日中寝室を暗くして懐中電灯で遊ぶと、 きっと暗闇が怖いというイメージがなくなります。 そして、仕上げはこの絵本! お気に入りのぬいぐるみを抱いて、スーちゃんとすやすや、おやすみなさい!

スーちゃん おやすみなさい

ベストレビュー

気持ちに寄り添いながら

夜が怖くて眠れない、そんな女の子のお話です。

温かみのあるイラストが、心をほっとさせてくれます。
セピア色基調の落ち着いた色遣いは、夜に読み聞かせするのにピッタリで、自然と優しい落ち着いた気分になれます。

ぬいぐるみのうさくんと一緒に眠るスーちゃん。
私も子どもたちも、ぬいぐるみが大好きで、小さい頃はいつも一緒に寝ていたのを思い出しました。

日本では子どもが小さいうちは、親と一緒に寝ることが多いのですが、外国ではわりと小さいうちから一人で寝かせることもあるようですね。
最初は怖くても、この絵本のように、しっかりと気持ちに寄り添ってあげることが大切だなと思いました。
(MYHOUSEさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


おびか ゆうこさんのその他の作品

ウルフィーは、おかしなオオカミ? / 図書館にいたユニコーン / しずかに あみもの させとくれー! / ぼくは発明家 アレクサンダー・グラハム・ベル / きのうえのおうちへようこそ! / かわいいゴキブリのおんなの子メイベルとゆめのケーキ



『星のゆうびんやさん ハイタツマン』「アキレスケンさん」 インタビュー

スーちゃん おやすみなさい

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.11

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット