ひなまつりルンルンおんなのこの日! ひなまつりルンルンおんなのこの日! ひなまつりルンルンおんなのこの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ストーリーを楽しみながら、ひなまつりの豆知識も学べます!
ぼんぬさん 40代・ママ

絵本としてのストーリーと日本の文化に楽…
ひなまつりの日にゆずちゃんの家に飾られ…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ぽちっと あかい おともだち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぽちっと あかい おともだち

  • 絵本
文: コーリン・アーヴェリス
絵: フィオーナ・ウッドコック
訳: 福本 友美子
出版社: 少年写真新聞社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年08月
ISBN: 9784879816092

237×278mm 32ページ

関連するスペシャルコンテンツ


絵本レビュー大賞2018 対象作品!3000円図書カードのチャンス


【結果発表】初めて見る者同士の友情、親子の愛情。読み聞かせにもプレゼントにも!

出版社からの紹介

雪の中でママとはぐれたホッキョクグマの男の子「ミキ」。すると、遠くに「ぽちっと赤いもの」が見えます。好奇心旺盛なミキは、そちらに向かって走っていきました。そこでミキが見た「赤いもの」の正体は、人間の女の子でした。人を初めて見るホッキョクグマと「ぽちっと あかい おともだち」の友情の物語がは
じまります。
-----
お互い初めて見る者同士の遭遇…。そこから始まる友情と、最後に見られる親子の愛情。翻訳は「63回産経児童出版文化賞 翻訳作品賞」を受賞した福本友美子先生で、読み聞かせにぴったりの絵本です。キラキラしたラメとエンボス加工のカバーが映えるデザイン性の高い絵本なので、プレゼントにもオススメです。

ぽちっと あかい おともだち

ぽちっと あかい おともだち

ベストレビュー

雪原に二組の親子が

小さな北極グマが主人公のお話しです。
雪原で小さな人間(妖精かも?)の女の子に出会います。

真っ白な雪の世界に、無垢な子どもの心が温かく描かれています。

タイトルにもあるように、白のなかの一点の赤色やオレンジ色が、とても印象的な美しい絵本です。

(ちゅちゅこっこさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


福本 友美子さんのその他の作品

シリルとパット ともだちになろう / ちいさなエリオット たまにはとおくへ / 絵で見てわかる 単位とはかりかた / ちいさなエリオット あそびにいこう / トムがてぶくろおとしたら / ちいさなエリオット ひとりじゃないよ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

ぽちっと あかい おともだち

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット