話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ちゅっちゅとこっぷちゃん

ちゅっちゅとこっぷちゃん(文溪堂)

「しゅぱっ」「とぽーん」心地よい音の響きを赤ちゃんと楽しむ絵本

  • かわいい
  • ためしよみ
うろおぼえ一家のおかいもの

うろおぼえ一家のおかいもの

  • 絵本
著者: 出口 かずみ
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2021年02月
ISBN: 9784652204184

幼児〜
サイズ:B5変型判
ページ数:32ページ

関連するスペシャルコンテンツ


【結果発表】今おすすめの絵本児童書8作品!レビューコンテスト

みどころ

「うろおぼえ」なのに、お買い物!
これは波乱の物語の予感です。

どうやら、このアヒルの一家、みんながみんな「うろおぼえ」気質。

朝、「あれ、なんではやおきしたんだっけ?」
「たしか、『お』がつくものをするためだったきがするなあ。」
「おさんぽ?」「おなら?」「ちがうよ、そうだ、おかいものだよ!」

出かける前から「うろおぼえ」のオンパレードですが、何とか出発。
ところが、何を買いに行くのか「うろおぼえ」で、読者にも明かされないのです。
さあ、みんなで「うろおぼえ一家」の出すヒントから、お買い物の品を考えましょう。

しかくい? おもい? しまる? つめたい? ひかる?

読んでいくうちに、このヒントすら揺らいできます。ミステリーに、モヤモヤ、ムズムズ、謎は深まるばかり。
とりあえず、次々と「うろおぼえ」のまま、買い物をすませていきますが、最後に、真実が明らかになるかというと……。
それは、最後まで絵をよーく見た人だけが分かるかも?
あなたはこのミステリー、解けますか?

もちろん、そんなことはどうでもいいような、ほっこりエピソードも、この作品の魅力です。

作者の出口かずみさんは『ポテトむらのコロッケまつり』や『たくはいびーん』などで、軽妙で独特な世界観を描き出してきました。
その集大成のような、本作品。
お子さんと一緒に、「うろおぼえ」チャレンジを楽しんでみてください。

(中村康子  子どもの本コーディネーター)

出版社からの紹介

お父さんにお母さん、お兄さんに弟、妹。揃いも揃って<うろおぼえ>が多いあひるの一家は、ある日、お母さんから買い物を頼まれて出かけたけれど、何から何までうろおぼえ。道中ヒントをもらいながら、はてさてどんな結末に?

編集者コメント
「うろおぼえ一家」のみんなは、いつだって真剣そのもの。決して、おちゃらけているわけでもふざけているわけでもないのですが、その一挙手一投足は、ほがらかな笑いを誘います。けれどいつの間にか大声で応援したくなって、しまいには一員になりたいと願ってしまう、そんな不思議で愛しい存在です。間違ったっていいじゃないか! 道を外したっていいじゃないか! とかく窮屈な世の中に、ユニークでユーモラスな風が吹き抜けます。

ベストレビュー

天才的なゆるさです(笑)

「なんだったっけ?」「しかくいものだったようなー、、、」と、かすかに残る記憶を元に、突拍子もない思い付きで「そうだったそうだった!」とワイワイお買い物をして回るうろおぼえ一家。

お目当てのものには全くたどり着かなかったのに、お母さんも「これだったような気がするわ!ありがとう!」と戦利品たちをながめて嬉しそう。

「えー!全然違うよー!!」と大笑いしながら、次々現れるうろおぼえストーリーに子供たちも大喜びでした。

何かがちょっとでもズレていると「違う、そうじゃない」と叱られがちな昨今、大人でも「窮屈だなぁ」と思うことが多いのに、羨ましいぐらい誰も何も責めないこの世界観。素晴らしい。

思ってたのと違っても、ずっこけながらも「そうだったかな?」「こっちもいいかも?」と言いながら、柔軟な頭でブレイクスルーを生むのはこんな天才的にゆるい生き方かもしれないなぁと思いました。

冷え性のお母さんが、湯豆腐を前に温かい飲み物の入ったカップを片手に、他の家族がアイスを食べながら楽しそうに団らんする姿を幸せそうに眺めるシーンがとってもいいです。私もこんな風にゆるくて懐の広いお母さんでいたいなぁとちょっぴり憧れてしまいました。
(カオリンゴカモシレナイさん 40代・ママ 男の子9歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

出口 かずみさんのその他の作品

からっぽになったキャンディのはこのおはなし / ゴーゴー!おむつちゃん / おべんとういっしゅうかん / 紙芝居 スカンク クーの おなら / にぎやかなおでん / たくはいびーん


絵本ナビホーム > > うろおぼえ一家のおかいもの

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

うろおぼえ一家のおかいもの

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット